404885089X

民主党の小沢一郎氏の和子夫人が、2011年11月に岩手県の複数の支援者に送ったとされる手紙が話題になっています。小沢一郎夫人が支援者に「離婚しました」という記事です。

民主党の小沢一郎元代表(70)の和子夫人(67)が、昨年11月に地元・岩手県の複数の支援者に、「離婚しました」という内容を綴った手紙を送っていたことがわかった。

手紙は便せん11枚にもなっているそうで、

・離婚した
・愛人と隠し子がいる

といった事実が綴られているそうですが、何より驚きだったのはここです。

「このような未曾有の大災害にあって本来、政治家が真っ先に立ち上がらなければならない筈ですが、実は小沢は放射能が怖くて秘書と一緒に逃げだしました。岩手で長年お世話になった方々が一番苦しい時に見捨てて逃げだした小沢を見て、岩手や日本の為になる人間ではないとわかり離婚いたしました」

確かに、東日本大震災の後の小沢一郎氏は影が薄かったと記憶しているのですが、これが事実だとすると‥‥?

こうしたことが原因で和子夫人は2011年7月から別居を始めているそうですが、小沢一郎氏の事務所では「離婚の事実はない」としているそうです。

現在、消費税増税法案の採決をめぐって、小沢元代表は造反をちらつかせて野田政権を揺さぶっているが、和子夫人の手紙はそうした政治情勢にも大きな影響を与えそうだ。

まさにここですよね。なんとなく意図的に、このタイミングで出てきたのかな、と思ってしまいますね。

悪党―小沢一郎に仕えて

4022508914

人物破壊 誰が小沢一郎を殺すのか? (角川文庫)

4041002583

小沢一郎はなぜ裁かれたか―日本を蝕む司法と政治の暴走

4198633681