B007O01OFO

ビジネス雑誌「プレジデント」で「ビジネスマン1000人調査の意外な結論! 仕事リッチが読む本バカを作る本」という特集が組まれているそうです。なんという刺激的なタイトル。

ということで、年収800万が嫌いな著者1位は勝間和代!?「プレジデント」の読書特集がすごい!(エキサイトレビュー)というレビュー記事になっていました。

くだんの記事は、ビジネスマン1002人に対してアンケートを実施(リサーチ会社を介して行い誌名は伏せる)、そのうちの334人から得られた回答を元に構成したとのこと。この集計結果がすごいのは、回答者を年収で3つに分けていることだ。それぞれ「500万円」「800万円」「1500万円」のグループである

年収に応じたグループが、それぞれどんな本を読んでいるのか、といったアンケートが行なわれているのですが、その中に「嫌いなビジネス書の著者」という項目があり、次のような結果になっているそうです。

1500万円
1位 大前研一
2位 勝間和代
3位 森永卓郎&長谷川慶太郎

800万円
1位 勝間和代
2位 大前研一
3位 孫正義

500万円
1位 勝間和代
2位 堀江貴文

全てに渡って名前が出てくるというのは、それだけ浸透しているというか、読まれているという訳ですから、逆に凄いことに感じてしまいますね。

成毛眞氏と土井英司氏がこれらの結果に基づいて対談しているのですが、むしろそちらの方が刺激的かもしれません。

一方、500万を見ると年齢層の違いもあるのでしょうが、ファンタジーのオンパレードです。現実をつまらないと感じると、人間はファンタジーに逃げる。特に40歳を過ぎて、「努力しても現実は変わらない」という意識になってしまうと、自分を磨くための本は読まなくなってしまいます。そして、漫画やミステリーや警察小説などに流れるのです。
「図書館で本を借りるのは、実は下流への道なのです。入手困難な小説ならまだしも、特にビジネス書を図書館で借りてはダメです。なぜなら情報は人より先に獲得するからこそ価値があるわけで、図書館にリクエストをして購入してくれたら読むなんて、完全にナンセンス。情報にお金を払う意識がない証拠です」

2012 04 18 1548

PRESIDENT (プレジデント) 2012年 4/30号 [雑誌]

B007O01OFO