4840126739

なぜ広まった? 「『全然いい』は誤用」という迷信という記事があったのですが、ええええええ、ずっとその「迷信」を信じておりましたよ‥‥。

「全然いい」といった言い方を誤りだとする人は少なくないでしょう。一般に「全然は本来否定を伴うべき副詞である」という言語規範意識がありますが、研究者の間ではこれが国語史上の“迷信”であることは広く知られている事実です。

はい「全然は本来否定を伴うべき副詞である」と覚えておりました。だから「全然いい」はおかしい、と。

違ったのか!

記事では「迷信がいつごろから広まり、なぜいまだに信じられているのか」を解明する研究が紹介されています。

しかし、発生・浸透の経緯については先行文献では解明されていないため、先行研究が注目しなかった戦後を目前に控えた昭和10年代(35~44年)の資料に当たり「全然」の使用実態を調べることで、規範意識が当時からあったのか考察することにしました。

これによると、昭和10年代の雑誌では「全590例のうち6割の354例が肯定表現を伴い、そのうち約4分の1に当たる85例が否定的意味やマイナス評価を含まない使い方」のだそうです。

「全然」は肯定表現で使っても「全然大丈夫」ということなのですね。

もしも…あなたが外国人に「日本語を教える」としたら (クロスカルチャーライブラリー)

4883193071