2011 11 10 1013

「日本で一番幸せな都道府県は?」なんていうことを、法政大学が研究発表したそうです。日本で一番幸せな都道府県は?-法政大学が研究発表 /東京という記事になっています。

坂本教授と社会人学生10人による今回の調査研究では、「幸福度」という視点で47都道府県の実態と課題を評価分析。さまざまな社会経済統計を利活用して抽出した40の指標を「生活・家族部門」「労働・企業部門」「安全・安心部門」「医療・健康部門」に分け、それぞれの指標の順位による10段階評価の合計から「総合平均評点」を計算しランキングした。

ふむふむ。指標により10段階評価し、そこから「総合平均評点」を計算しているということなのですね。

気になるランキングですが、トップ10は次のようになっています。

1位 福井県
2位 富山県
3位 石川県
4位 鳥取県
5位 佐賀県
6位 熊本県
7位 長野県
8位 島根県
9位 三重県
10位 新潟県

北陸、強いっすね!

上位には、全く大都市は入ってませんね。

ちなみに、下位は次の通り。

38位 東京都
39位 福岡県
40位 青森県
41位 沖縄県
42位 京都府
43位 北海道
44位 埼玉県
45位 兵庫県
46位 高知県
47位 大阪府

どーん。埼玉県は43位か‥‥。「幸福度」が低いってか‥‥。

沖縄県なんて南国で幸せそうなイメージはバリバリあるのですが、住むにはそうでもないってことなんでしょうか。

上位3県に共通することとして、坂本教授は「日本海側に位置し、東京から離れた人口100万人前後の県。ものづくり、第二次産業が集積している。失業率の低さや保育所定員の高さなど就業環境や子育て環境も整っていることがうかがえる」と説明。

「上位の都道府県は、子ども、女性、労働者、障害者、老人に優しい」とも。なるほどですねぇ。

「ロケーションや規模にかかわらず、政策努力、個人努力によって幸福度は高めることができる」だそうですよ。

「日本でいちばん幸せな県民」という書籍として出版されるので、機会があれば手に取ってみたいと思います。

日本でいちばん幸せな県民(ケンミン)

4569800556