2011 11 08 1426

居眠り運転、携帯が警告音…目の動きで危険察知という記事がありました。iPhoneで目の動きを計測し、居眠りしそうになると警告音が発せられるそうです。

来年春にも、「iPhone(アイフォーン)」向けソフトとして配信する予定だ。平田教授は「運転席の前に取り付ければ、居眠り運転を防ぐことができる」と期待しており、スマートフォンでも使えるソフトの開発も進めている。

すごいな!

例えば運転席に設置しておくことで、運転者の目の動きを計測、居眠りしそうになると警告音を発する‥‥というアプリが現実のものとなるようです。

人間には、頭が動いても、バランスを取る器官の働きで、ずっと1点を見ていられるように眼球の動きを自動的に調節する機能がある。平田教授は、眠くなってくると、この働きが鈍くなることに着目。

なるほど。カメラで目の動きを追い続ける研究をしたところ「もうすぐ強い眠気がおそってくる」というのが分かるようになったのだとか。

スマートフォンのアプリとしてではなく、普通に居眠り運転防止の機能としてクルマに搭載されても良さそうなものですね。