今こそ、エネルギーシフト――原発と自然エネルギーと私達の暮らし (岩波ブックレット)

すべての原子力発電所が運転停止し、火力発電所で発電を代行した場合に、家庭の電気料金がどうなるか、という試算が行なわれたそうです。

全原発停止なら…家庭の電気代1千円アップと試算という記事になっていました。

経済産業省所管の日本エネルギー経済研究所は13日、すべての原子力発電所が運転停止し、火力発電所で発電を代行した場合、液化天然ガス(LNG)や石炭など燃料調達費が増えるため、2012年度の毎月の標準家庭の電気料金が平均で1049円上昇し、6812円になるとの試算を発表した。

液化天然ガス(LNG)や石炭などの燃料調達費が増えるため、標準家庭の電気料金は平均で1,049円上昇すると試算されています。

おっと‥‥1,000円‥‥くらい?

今年4月のLNGの輸入価格などを基にすると、12年度の火力発電の燃料調達費は10年度より3兆4730億円増加するという。電気料金に転嫁すると、1キロ・ワット時あたり3・7円の値上げになる。

もっと劇的に上がってしまうものだと思っていたのですが、平均すると各家庭ではびっくりするほど大きくは上がらないのですね。20%アップではありますけどね。