ポリマスター社製(米国)高性能 放射線測定器PM1703M 即日発送 送料無料

核の米権威が警告!福島より高濃度…都内にある“危険エリア”という記事がありました。都内に、福島県郡山市の数値よりも高い場所があった、という記事です。

東京電力福島第1原発事故を受け、緊急来日していたジョージア大学のチャム・ダラス教授。チェルノブイリ事故で米共同調査チームの代表を務めた米国の権威だが、同教授は今回、都内各地の放射線量も測定した。その結果、意外な場所で高い数値が検出されたという。

記事によると「東京は基本的に安全だ」としつつ、都内で放射線量がやや高い数値で検出された場所があったそうです。

それが、

・西新宿 都庁前(新宿区)
・豊洲(江東区)

の2ヶ所です。

西新宿は「(複数の高層ビルがあるため)風の谷にあたり、放射性物質がたまるのだろう」という分析がされていますが、豊洲に関しては「第1原発とは関係がなさそう」と。

豊洲の放射線量がやや高いのは「以前の工業地帯時代に原因があるのではないか。いずれにしても、子供は注意したほうがいい」というコメントも。

豊洲は1990年代後半まで、石川島播磨重工業や新東京火力発電所などがある東京湾沿いの工業地帯だったが、最近はオフィスビルやマンション、商業施設などが立ち並ぶ人気のエリア。築地市場の移転予定地としても知られており、今回の数値は多少なりとも気になるところだ。

「子供は注意したほうがいい」というからには、具体的な数値も知りたいところですが、記事には書かれていませんでした。

「大気中の放射性物質を浴びても、シャワーで流せば90%は除染できるという」ということですし、個人的には東京は深刻になる必要はないと思っておりますが、放射線量を把握しておく、というのは自衛の意味でも大事ですね。

ちなみに「RADIATIONDOSE」を見ると、郡山は1.80μSv/hとなっています。