アルマゲドン2009(1WeekDVD)

隕石に地球外生命の化石か…NASA研究者というニュースが飛び込んでまいりました! 地球外生命体ですって〜??

米航空宇宙局(NASA)マーシャル宇宙飛行センターのリチャード・フーバー博士が、地球外の微生物とみられる化石を隕石の中に発見したと、4日の専門誌「ジャーナル・オブ・コスモロジー」電子版に発表した。

NASAのリチャード・フーバー博士が、隕石の中から地球外の微生物と見られる化石を発見したことがニュースになっています。

生きてないです。化石です。隕石の中に、地球外生命体らしき化石があったそうです。

フーバー博士は、アフリカなどで採取された隕石3個の断面を電子顕微鏡などで調べ、原始的な生物の藍藻類に似た構造の痕跡を発見したという。

「ジャーナル・オブ・コスモロジー」では「研究者に検証を呼びかけている」そうですが、果たして地球外生命体ということは確認されるのでしょうか?

「地球外生命体の化石を発見」、NASA科学者が発表によると「大興奮と疑惑の両方の目で注目を集めている」そうです。

論文は「(フーバー氏は)これらのバクテリアの化石は、地球で混入したものではなく、この隕石の母体で生存していた有機生命体だと結論づけた。隕石の母体は、たとえば彗星(すいせい)や月、その他の天体の可能性がある」としている。

地球で混入したかどうか、というあたりで論争が起きそうですね。

【時事雑感】隕石に地球外生命の化石か・・・は安易過ぎる科学記事-宇宙気流によると「ジャーナル・オブ・コスモロジー」というのは「同好の士が作る同人誌や同好会誌のようなもの」であるとも。