天然ウナギの卵発見 世界初、完全養殖実用化へ期待という記事より。

発見したのは、東京大大気海洋研究所の塚本勝巳教授や水産総合研究センターなどのチーム。1日付の英科学誌ネイチャーコミュニケーションズ(電子版)に報告した。

世界で始めて、日本の研究チームによって天然のニホンウナギが海で産んだ卵が発見されたのだそうです! 場所はマリアナ諸島沖です。

2009年5月、調査船で大型のプランクトンネットを引いたところ、ウナギとみられる複数の卵が入った。DNA鑑定で31個がニホンウナギの卵と確認された。

ウナギの生態って、意外に明らかになっていないのですよね。天然ウナギの卵が見つかったのも、世界初というくらいなのですから。

孵化(ふか)するまでの間、海中に卵の形で漂うのはわずか1日半とわかっている。チームは過去の調査データから、産卵が新月のころに行われると推定。集中的に調査した。

ものすごくピンポイントで発見された卵ちゃんなのですね。深さは200mほどのところだったそうです。「かつて深い海の底で産卵すると考えていたが、実際にはかなり浅かった」と教授。

ちなみに、マリアナ諸島沖というのは、このあたりらしいですよ。

2011-02-02_1345.png

グアムの側です。ウナギって、こんなに遠くまで産卵しにいっているのですね。すごいな。

なお、ウナギの養殖に使う稚魚の漁獲量というのは、1970年頃と比較すると、なんと1〜2割程度に激減していたのだとか。

水産総合研究センターはウナギを卵から育てる「完全養殖」の研究を進め、10年春に成功したが、稚魚が生き残る率が低く大量生産ができず、事業化のめどが立っていない。

今回の発見が、完全養殖の実用化に繋がると期待されています。

ウナギには申し訳ないけど、食べたくなってしまったな〜。

浜名湖山吹 国産うなぎ串蒲焼き3串ギフトセット

B0035OJKQI