結婚相手に「鵜飼い系女子」も悪くないという記事より。

前回、そこそこ安定した生活を送れているにもかかわらず、結婚する意欲に欠ける「置き物系男子」について書いた。据え膳されないと食べられない、要するに猫でいうとペルシャ猫みたいな男のことなのだが、結構反響があったようなので少しフォローしておきたい。

「置き物系男子」に「鵜飼い系女子」と、短いキーワードでうまいこと考えますねぇ。その言葉を見ただけだと「?」となりますが、説明されるとなるほどですね。

さて、そのA君であるが、三十路手前で5歳年上のお姉さまと結婚した。結婚しようか?という問いに「えええ、どうしよう……」とやっぱり迷ったそうだが、 「まさかイヤなの?」 と凄まれて「します」と言ったそうだ。

受動的に生きている人が「置き物系男子」という感じなのかもしれませんが、そういう人はうまいこと「狩女(カリージョ)」に狩られて、やがて「鵜飼い系女子」に囲われるのでしょうか。

とはいえ、本人が嫌がっているかというとそうでもなく「彼のような受動的なタイプにとっては、きっちり人生設計してくれるパートナーはありがたい存在だ」ということで、幸せのようです。

一昔前ならば「尻に敷かれている」とか、あとは「姉さん女房」とか、似たようなキーワードはいろいろありましたが、本人同士が幸せだったらそれで良いのでしょうね。

それでも「俺は独身貴族だ」という人は、貴族らしく傲岸不遜に生きるといい。それができないという人は、いい加減つまんない意地なんて張らずに、腕の良い鵜飼を見つけて飼ってもらいなさい。

その「腕の良い鵜飼」を見つけるってのが、難儀だな〜。