2010-08-25_1052.png

何が規格外って、15歳にして身長192cm、体重88kgですって! 見出しも「本当に中学生か?」となっています。iPhoneアプリで稼いでいることよりも、そっちに驚いてしまいました。

ということで、iPhoneアプリ長者は15歳の灘中生という記事になっております。

中学生、いや日本中を探しても滅多にいない、この体格の持ち主がTehu氏(15)である。東大合格者数で毎年1、2を争う灘中学に通う、この神戸市在住の3年生が、米アップル社の携帯端末「iPhone(アイフォーン)」のアプリで、35万ダウンロードを記録した。そして無料総合3位、医療1位に輝いた。

闘莉王だって身長185cmでしたからね。中学生で192cmは相当、大きいですよね。いつか格闘技とかに目覚めたら‥‥。

それはさておき、Tehu氏の開発したiPhoneアプリ「健康計算機 」は、毎月8万円ほどの広告収入があるそうです。しかも全額寄付というのが、また規格外です。

3歳から公文式に通い、4年生から受験勉強をしていたというTehu氏。勉強が苦にならないんだろうなぁ。

ちなみに入学後の成績は優秀で、今年1学期の成績は学年で6位だった。5番以内を目指していたそうで、悔しがっているtehu氏の姿が印象的だった。

勉強でももちろん規格外です。

プログラミングを始めた理由は「9歳の少年がiPhone用ソフトを開発」という刺激を受けたからなんだそうです。書籍を買いあさり、数ヶ月で自然にできるようになった、と。

「よく僕の講演でも言うのですが、アプリで一番大事なのはアイコンと名称なんです」ということで、講演活動もしているのですね。

「僕はアメリカのスタンフォード大学への進学を希望しています。灘の海外進学を推進している先生が主催する特殊な合宿にも参加させていただいたりして、いまはアメリカに行くために自分自身を磨いてるところです。TOEFL、SAT、エッセイで点数をとらないといきたくてもいけないし」

Tehu氏の成長、見守りたいですね。ツイッターのアカウントは@tehutehuappleです。「中学生iPhoneプログラマのiTehu」というウェブサイトも。

Health