Twitterは「リーダー型の男性」、mixiは「リーダー型の女性」、ニコ動は「内向型の男性」に人気という記事より。

市場調査などを手がける日経BPコンサルティングは2010年7月29日、6月に実施した「ソーシャルメディア利用実態調査」の結果を発表した。それによると、最近注目度が集まっているTwitterには「リーダー型の男性」、mixiには「リーダー型の女性」、ニコニコ動画には「内向型の男性」が相対的に多く集まる傾向があることが分かった。

日経BPコンサルティングが「ソーシャルメディア利用実態調査」という調査を実施し、その結果を発表しています。

この調査では国内のソーシャルサービスについてアンケート調査を行い「オンライン行動属性」と「心理クラスター」で分析したということです。

その結果、ユーザ像に特徴のあるサービスが分かったそうです。

・ツイッター:アクティブリーダー型の男性
・mixi:アクティブリーダー型の女性とフォロワー型の女性
・ニコニコ動画:内向型の男性

なんとなく分かるような気がしますが、ツイッターやmixiにはリーダーが多いということなんでしょうかね。

特にmixiには、SNS のコミュニティを立ち上げたり、商品レビューを投稿したりと周囲への影響力が強い女性、周囲に追従しやすい女性がともに集結しており、企業がマーケティングなどにうまく活用すれば効果が大きいプラットフォームと言えそうだ。

mixiにはリーダーとフォロワーの女性がたくさんいる、と。

こちらの分析も面白いです。

利用者数が最も多かったYouTubeは、「オンライン行動属性」のモデルにおいて、情報を発信する「参加者」と、見ているだけの「観察者」のバランスがよくとれているプラットフォームだったという。これに対し、利用者数が2番目に多かった価格.comは、情報発信に参加せず、具体的な行動を起こさない「不参加者」が多いという傾向があった。

イメージ通りですね。