バーベキュー利用を有料化、ごみ問題を受けて多摩川で社会実験へ/川崎市という記事より。

多摩川河川敷でバーベキュー利用者によるごみの大量発生などが問題化しているのを受け、川崎市は同市高津区の二子橋付近の河川敷で9月、バーベキュー利用を有料化し、利用時間などを制限する社会実験を行う。

多摩川河川敷でのバーベキュー利用者によるゴミが大量発生して問題になり、それを解消する社会実験としてバーベキュー有料化が実施されるそうです。

二子橋付近では、休日を中心にバーベキュー利用が盛んだが、空き缶やペットボトル、生ごみ、使用済みの鉄板など大量のごみが捨てられている。

最近はバーベキューの道具が安くなっていることもあってか、そのまま捨てていってしまうケースというのもけっこうあるみたいですね。

2009年度は114トンのゴミが発生し、730万円の処理費用を川崎市が負担したということです。地域住民からにアンケートしたところ「ごみ処理費用は利用者が負担すべき」という声が多かったということですが、当然といえば当然です。

ということで‥‥

9月1日から30日まで実施し、小学生以上を対象に1人当たり500円を徴収する。市は期間中に約1万人の利用を見込んでおり、収入はごみ処理や河川敷の清掃などに充てる。

ということです。利用区域には柵が設けられるということです。さらに打ち上げ花火、音響機器の持ち込み禁止、利用時間の制限なども設けられるということです。

↓個人的にはバーベキューはもうこれでいいかな、という気がしています。手軽なので。

イワタニ 炉ばた大将 炙家(あぶりや) 【カセットガス式 網焼き・串焼き専用器】 CB-RBT-A

B0028A8GTC