1本5万ユーロ? 世界最古のシャンパン発見かという記事より。

フィンランドのオーランド諸島付近のバルト海で沈んだ難破船から世界最古の飲用可能なシャンパンのボトルを発見したと地元ダイバーが17日、明らかにした。1780年代に製造されたとみられる。

フィンランドのオーランド諸島付近のバルト海で沈んだ難破船から、1780年代に製造されたとみられる、世界最古のシャンパンが引き上げられたようです。

ダイバーがシャンパンを引き上げたのは、海底60m付近の難破船から。暗く冷えた船内はシャンパンにとっては良い条件だったようで、飲むことが可能だそうです。

30本ほどが見つかりましたが、専門家によると「これほど古い物は聞いたこともない」ということで、コルク栓が空いておらずに本物ならば、1本あたり5万ユーロ(約560万円)の値がつくと見られています。

フランスの大手専門店によると、現存する世界最古のシャンパンは同店が所有する1825年のボトルだという。今回発見されたシャンパンは、年代と本物かどうかを鑑定するためフランスの研究所にサンプルが送付された。

現存する最古のシャンパンを、50年近く上回ることになる訳ですね。難破船から見つかったというのも、ロマンがあって良いですね。

発見したダイバーは、岸に戻る前に飲んだようです。「最高の味だった」と話しています。