秋葉原ホコ天、7・18にも復活へという記事より。

12回目の開催となったこの日は、秋葉原のホコ天再開問題が議題になり「再開は、秋葉原の『安心・安全』を世界に伝える機会になる」「経済が冷えきった中、秋葉原活性化のためには、早く再開したほうがいい」「現状は歩道に歩行者があふれて危険」などの意見が出た。

まちづくりの検討会が開かれ、秋葉原の歩行者天国(ホコ天)が再開される方向で合意に達しています。早ければ、2010年7月18日にも再開するようです。

会では最近、防犯パトロールが実施されていたり、防犯カメラが秋葉原地区に30台以上設置されたり、4月下旬に路上ルールや迷惑行為防止などを定めた「秋葉原協定」が策定されたことなども含め、再開を判断する時期がきたと判断。

秋葉原無差別殺傷事件から2年が経過しましたが「安心・安全なアキバ」を世界に向けてPRしていく機会にもしていく方針だそうです。

過激パフォーマンスやゴミの問題などがありますが、秋葉原にとっては夏休みを前にさらなる活性化のきっかけとなるでしょうか。

■関連記事

アキバのホコ天、7月にも再開へ

今年2~3月、検討会の部会が住民や商店業者を対象に行ったアンケートでは、再開賛成の声が約7割に達した。

秋葉原のホコ天、7月にも再開へ 殺傷事件から

ごみや騒音についての苦情が多いことから、再開に慎重な住民らの意見もあったが、検討会は「経済活性化のために重要」などとして再開方針を決定した。