ネット選挙、一部解禁へ=参院選からHP更新という記事より。

公職選挙法で禁止されている選挙期間中のホームページ(HP)の更新が夏の参院選から解禁される方向となった。民主党は12日に開く各党協議会で賛同を呼び掛ける。

記事によれば、自民党などの他党も賛同すると見られ、夏の参院選からネット選挙が解禁となる見通しだそうです。

民主、自民両党など与野党は4月、HP、電子メール、ブログ、ツイッター(簡易ブログ)のうち、どの範囲まで解禁するか、党内の意見を集約することで合意。

ブログは「実質的にはHPと同じ」として、解禁されるようですが、電子メールとツイッターは「誹謗(ひぼう)や中傷を防ぐ手だてが未整備」などとして、今回は見送られるそうです。

ツイッターがブログ閲覧などのハブになっているので、ツイッターこそ、解禁して欲しいのですけどね、個人的には。