ピカソ油絵が過去最高額100億円という記事より。

競売大手クリスティーズは4日、ニューヨークのオークションで、スペインの画家パブロ・ピカソ(1881―1973)の油絵「ヌード、観葉植物と胸像」が美術品としては過去最高額の1億648万2500ドル(約100億円)で落札されたと発表した。

“幻の名作”とも言われるピカソの油絵「ヌード、観葉植物と胸像」が、ニューヨークのオークションに出品され、なんと美術品としては過去最高となる1億648万2,500ドル、日本円にして約100億円で落札されました。

クリスティーズによると、「ヌード、観葉植物と胸像」は縦約150センチ、横約120センチの1932年の作品。落札者は明らかにされていないが、電話での入札という。

油絵に100億円。すごいですねぇ。

第2次大戦後は1度しか展示されたことがないから“幻の名作”と呼ばれていたそうですよ。

■関連記事

ピカソの絵画に100億円

2月には、スイスの彫刻家ジャコメッティの作品「歩く男」がロンドンで史上最高額となる約1億433万ドルで落札されたばかりで、わずか3か月での記録更新。経済危機からの回復に伴い、欧米の美術品市場は活気を取り戻しつつある。

ピカソの油絵 美術作品史上最高額100億円で落札

競売には8人が参加し、8800万ドルから2人の争いに。最終的に9500万ドルでハンマーが打ち下ろされ、オークションはわずか9分間で終了。当初の落札予想額は7000万~9000万ドルだった。