朝青龍の元主治医 本田医師1億円所得隠しという記事より。

大相撲の元横綱・朝青龍関の主治医だった精神科医の本田昌毅氏(39)と本田氏の関連会社が、東京国税局の税務調査を受け、2008年までの3年間に計約1億円の所得隠しを指摘されていたことが10日、分かった。

朝青龍の主治医として知られた精神科医の本田昌毅氏が、2008年までの3年間で、約1億円の所得隠しを東京国税局から指摘されたことが明らかになりました。

経理ミスを含む申告漏れ総額は約3億円で、重加算税などを含む追徴税額は約1億円に上るもようだ。本田氏はすでに修正申告したとみられる。

国税局によると、本田氏の個人所得の一部が除外されていた他、病院経営会社では架空経費が計上されていたようです。

本田医師といえば、王監督の娘・王理恵さんとの結婚騒動がありましたね。

王理恵、朝青龍の本田医師と結婚(再々婚)へ
王理恵、本田医師との結婚延期へ
王理恵、入籍延期で記者会見
王理恵、本田医師との結婚延期の理由はそばの食べ方?
本田医師「本当に理恵さんがいいと思ってもらえるか」
本田医師の「そばすすり音」が携帯電話の着信音に
王理恵、本田昌毅医師と婚約解消

■関連記事

元朝青龍主治医の本田氏、1億円所得隠し

関係者によると、本田医師は東京など約10カ所で美容外科クリニックを運営しているが、税務調査の結果、ホンダメディカルをめぐり、架空の経費を計上して法人所得を少なく申告していたほか、個人所得についても一部を除外していると判断されたという。

元朝青龍関の主治医・本田医師が巨額申告漏れ

既に修正申告したという本田氏は「所得隠しや脱税ではなく、見解の相違」と意図的ではないとしながらも、「前にいた税理士がガサツにやっていた。税務署でも、会計を説明できていなかった」と事実関係を認めた。

朝青龍の元主治医が1億円の所得隠し

関係者によると、本田氏は精神科医として企業などでうつ病予防のマネジメントをしているほか、代表を務める病院運営会社「ホンダメディカルホールディングス」(東京)を通じ、全国で美容外科クリニックを運営するなど美容外科医としても活動している。