TV出演「匠」の家が欠陥で訴えられたという記事より。

住宅リフォームを手掛ける人気テレビ番組で「匠(たくみ)」として出演した1級建築士に設計を依頼し建設した住宅に欠陥があったとして、神奈川県茅ケ崎市の男性が、県内の建築士と建設会社に計9800万円の損害賠償を求め、横浜地裁に提訴していたことが25日、分かった。

住宅リフォームを取り扱った番組「大改造!!劇的ビフォーアフター」に出演したことのある「匠」が、住宅に欠陥があったとして訴えられていたことが明らかになりました。

茅ヶ崎の男性が2004年に「大改造!!劇的ビフォーアフター」を見て「匠」として出演していた1級建築士にリフォームを相談。「新築の方が良い」と提案され、紹介された建設会社と契約したそうです。

07年9月に完成し入居したが、地下室の外壁の防水が不十分だったため大量のカビが発生、下水が2度逆流するなどし、08年秋、検査機関の調査で欠陥が判明した。

結果、2009年9月に、茅ヶ崎市の男性が慰謝料などの支払いを求めて提訴するに至ったそうです。

朝日放送広報部は「訴訟は番組制作と直接関係していない」とコメントしています。建設会社は「社長が不在でお話しできない」としています。

テレビにも出演しているくらいだから、というのは、誰でも思ってしまうことかもしれませんね。

■関連記事

テレビ見て相談…“匠”の設計住宅に「欠陥」

建築士は、茅ケ崎市景観まちづくりアドバイザーを務めており、04年9月19日放送分に出演。