「みかんジュース」と「ミカンジュース」の違いは?という記事より。

食品表示をテーマにした講演会が、佐賀市のiスクエアビルで開かれた。佐賀大学経済学部の岩本諭教授が、「みかん」ジュースと「ミカン」ジュースの表示の違いが意味するものなど、具体的な事例を示しながら、食品表示の見方を解説した。

食品表示をテーマにした講演会が佐賀市で開催され、佐賀大学経済学部の岩本諭教授が「みかんジュース」と「ミカンジュース」の違いなどについて語ったそうです。

それによると、

・みかんジュース → 国内産の原材料
・ミカンジュース → 外国産の原材料

というのが、メーカーや販売店の常識になっているのだとか。

平仮名かカタカナかという違いに、そんな意味が込められていたとは‥‥「法律にはないが、メーカーや販売店にとっては”常識”。だが、消費者は知らない」ということですが、本当ですね。

他にもペットボトルなどのお茶の原材料にある「ビタミンC」は「健康にいいから入っていると勘違いする人も多いが、実際は酸化防止剤」として用いられているそうです。

それにしても「みかん」と「ミカン」にそんな違いがあったとは‥‥。