氷の海さまよう男性…400キロ先から発見、救出という記事より。

ドイツで凍った海の上をさまよっていた男性が、浜辺に設置されたお天気カメラをインターネットで見ていた女性に発見され、無事救出された。

いやー、こんな奇跡ってあるのですね‥‥。ドイツでのお話です。

夕日を眺めようと男性が遭難した浜辺に設置されたお天気ウェブカメラを眺めていたところ、画面の中に点滅するライトの光を見つけて不審に思い通報したそうです。

一方の男性ですが、夕日を撮影しようと凍りついた海に出たところ、方向感覚を失ってさまよっていたのだとか。

女性からの通報を受けたを受けた警察により、男性は無事に救助されたそうです。二人の距離は、なんと400kmも離れていたそうです。なんたる奇跡。

それにしても、ライトが点滅していても灯台くらいに思ってしまうような気がするのですが、いつも見ているウェブカメラで、それはあり得ないという判断だったのでしょうかね。

いやいや、でも本当に良かったです。

ライブカメラといえば、世界中のライブカメラを操作するiPhoneアプリ「Live Cams」というのもあります。