12月に全国で皆既月食=11年の暦要項発表-国立天文台という記事より。

国立天文台は1日付の官報で、2011年の暦要項を発表した。日本で見られる日食は1回、月食は2回あり、このうち12月10-11日の皆既月食は、上空高く昇った月が欠けていく様子が全国で見られるという。

2011年ということで少し気の長い話になりますが、日本では日食が1回、月食が2回見られることなるそうです。

6月2日の部分日食は北日本や日本海側の一部のみで見られるもの。6月16日の皆既月食は全国で見られるものの、月食中に夜が明けてしまうそうです。

注目は12月10日から11日にかけての皆既月食で「上空高く昇った月が欠けていく様子が全国で見られる」そうです。ちょっと楽しみ。

年によって日が変わる祝日は、成人の日が1月10日(月曜)、春分の日が3月21日(月曜)、海の日が7月18日(月曜)、敬老の日が9月19日(月曜)、秋分の日が9月23日(金曜)、体育の日が10月10日(月曜)。

段々とこちらの三連休というのも、慣れてきましたね。

皆既月食 (単行本)

4835525930