ヒラメ・カレイ、目の偏りは脳のねじれからという記事より。

鈴木教授らは、右目と左脳、左目と右脳をつなぐ視神経のX形の交差部で脳のわずかなゆがみが最初に生じることを発見。そこから脳全体のねじれが進み、目の位置も片方にずれていくことを確認した。

ひょえー「左ヒラメに右カレイ」という目の偏りは、脳のねじれから始まることが突き止められたそうです。「ねじれる方向を制御する遺伝子も特定」されているとのことです。

ヒラメとカレイは、誕生時は左右対称の形だが、20~40日後に目がそれぞれ左と右に偏り始め、体色も目のある側だけが黒っぽくなる。

脳がねじれて目が偏る、というのも、なんだかすごい話ではありますが、ヒラメとカレイではそれぞれ、遺伝子の違いでねじれる方向も違うという訳ですね。

さらに、人の心臓が左側に形成される際にも働く内臓の位置決定遺伝子「pitx2」が、ヒラメやカレイでは誕生前だけでなく稚魚の段階でも再び働き、脳のねじれを調節することがわかった。

あ、なるほど! そういう意味では、人間の内臓も左右対称ではない、という訳ですね。

人工飼育した際には目の位置が逆になるものもあるそうで「稚魚の生育環境の違いがpitx2の働きを抑えるのではないか」と研究者はコメントしています。

ぼくは回転寿司の寿司ネタでは「えんがわ」が一番、好きです。

ヒラメ500の質問 (SAKURA・MOOK 42) (大型本)

4773015276