米大手誌の日本離れ加速 「タイム」東京支局を閉鎖という記事より。

広告収入の低迷で、米国大手誌の「日本離れ」が進んでいる。米大手総合誌の「タイム」は米国内外で進めている拠点整理の一環として、8日に東京支局を閉鎖する。

アメリカの雑誌「タイム」が、東京支局を閉鎖することが明らかになっています。広告収入の低迷が理由ということですが。

今後、どのようになるのかというと「非常勤記者や日本の専門家を雇い、日本の取材は通常通り続ける」としています。販売、広告部門は存続するということで、専任の記者がいなくなるのですね。

1945年に開設された歴史もある支局だったのですが、ネットメディアの台頭など時代の流れには逆らえなかった、ということなのでしょうか。

昨年春には、米大手誌「ニューズウィーク」も東京支局を閉鎖。同12月には、経済誌「ビジネスウイーク」が米金融情報大手ブルームバーグに買収されたのを機に、東京支局の編集部門を同社に統合している。

次々にアメリカの雑誌が日本支局を閉鎖しています。

TIME マイケル・ジャクソン 特別号 (雑誌)

4990298314