これで痴漢は防げるのか!?埼京線に防犯カメラ導入検討という記事より。

JR東日本は痴漢被害が全国ワーストの「埼京線」車内に防犯カメラの導入を検討している。通勤電車で全国初という試みは抑止効果への期待が高い一方、プライバシーの侵害や他の犯罪捜査に利用される懸念もある。

埼京線て、痴漢被害ワーストなんですね。確かに通勤時間帯には、異常な混雑ぶりです。その埼京線に防犯カメラの導入が検討されているそうです。

プライバシー侵害の懸念もありますが、被害に遭っている女性からすると、導入は必須でしょうか。

JR東では防犯カメラ設置について「まだ公表できる段階ではない」と説明するが、一部報道によれば、埼京線で最も被害の多い1号車に1編成だけ防犯カメラを試験的に設置。年内にも天井や網棚など数カ所に高画質のカメラを付ける見通し。

抑止力になれば良いですが、痴漢被害に遭っている映像が流出するなどを考えると、一概に導入すべし、とも言えないところがあります。

東京都内の路線別痴漢被害ワースト10は次のようになっています。

(1)JR埼京線
(2)JR中央線
(3)JR総武線
(4)京王線(井の頭線を除く)
(5)JR山手線
(6)小田急線
(7)東京メトロ東西線
(8)JR京浜東北線
(9)京王井の頭線
(10)西武池袋線