レノン博物館、来場者減などで来秋閉館もという記事より。

元ビートルズのメンバーで1980年に射殺されたジョン・レノンの愛用品を展示するジョン・レノン・ミュージアム(さいたま市中央区)について、運営側が来年秋の閉館を検討していることが11日、埼玉県関係者への取材で分かった。

さいたま新都心にある「ジョン・レノン・ミュージアム」が、閉鎖を検討していることが明らかになりました。

施設は、レノンの妻オノ・ヨーコさんが許可した世界初の博物館として、レノン生誕60年にあたる2000年10月9日、県が所有するさいたまスーパーアリーナ内にオープン。

大成建設の子会社ミュージアム・タイセイが運営していますが、大成建設広報部は「契約には守秘義務があり、コメントできない」としています。

来場者が減少したことによるものだそうですが、実はぼくも近所に住んでいながら「いつか行ってみたい」と思いつつ、まだ行ったことがありません。

開設当初は話題になりましたが、10年が経過して訪れる人も減ったということなのでしょうね。2010年10月でオノ・ヨーコとのライセンス契約が切れるそうです。

このままだと閉館は避けられないかもしれません。

レノン・レジェンド~ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ジョン・レノン~ [Limited Edition]

B00061QVYC

■関連記事

レノン・ミュージアム、来年秋に閉館へ

レノンの妻オノ・ヨーコさんが許可した世界初の博物館として、2000年に開館したが来場者が当初と比べて減少。運営する大成建設側とオノさんとの展示に関するライセンス契約が来年10月で切れるため、閉館の可能性が高まった。