小5お手柄!1億年以上前のカエルの化石発見という記事より。

うち1匹分は三田市立けやき台小学校5年の住吉美侑さん(11)が9月末、自然学校の体験学習で発見。この地層から掘り出された岩盤をハンマーで砕き、中に化石がないかを調べる際に見つけたという。

小学5年生の女子がお手柄です!

兵庫県丹波市と同県篠山市にまたがる白亜紀前期の地層から、カエル類2匹の骨の化石がまとまった形で見つかったのですが、そのうちの1匹分を小学生が見つけたそうです。

これはすごいなー。自然学校の体験学習の最中ですからねー。

住吉さんは「骨が出て(体験学習の指導員に)『当たり』と言われ、うれしかった。大昔にカエルがいたなんて想像できない」と笑顔で話した。

子どもたちにとっては、忘れられない一生の思い出になりますね。

さあ化石をさがしにいこう! (単行本)

4860102371

■関連記事

小学5年生が白亜紀のカエルの化石発見

骨は約40点で、最も長いものは約1・5センチ。前脚や後ろ脚、背骨、骨盤などが密集しまとまっていた。脚や骨盤の特徴からカエル類と判明。国内では石川県と岐阜県での発見例はあるが、密集した形での発見は初めてという。