本棚3個倒れ10歳女児が意識不明の重体という記事より。

13日午後3時40分ごろ、札幌市東区本町の中古書店「デイリーブックス」で、本棚が重なり合うように倒れ、客の同区、小学5年鈴木愛菜さん(10)と中学3年愛梨さん(14)の姉妹と男性従業員(19)が下敷きになった。

札幌の中古書店「デイリーブックス」で本棚が倒れ、店内にいた姉妹と男性従業員が下敷きになりました。

姉妹は病院に運ばれ、妹さんが意識不明の重体となっています。お姉さんは頭を打つなどしたものの、意識ははっきりして命に別条はないということです。

本棚は木製で2段重ねになっており、高さは計約2・1メートル。約80センチ間隔で置かれていた。3個が相次いで倒れ、姉妹は壁際の本棚との間に挟まれる形になったとみられる。

テレビのニュースで見たのですが、本棚が将棋倒しのように倒れてしまったみたいです。たかが本ではありますが、地震で崩れた本の下敷きになって亡くなった人もいたので、恐ろしいものでもあります。

本棚の角が直撃か…小学生が重体という記事によると、妹さんは「本棚の上部の角に背中を押され、壁際の本棚との間で胸部を圧迫された状態」で発見されたそうです。

「天井には固定されておらず、本を取り出そうとするだけで棚がぐらつくこともあった」ということで、危険な状態だったようにも思えます。

一日も早く回復すると良いのですが。

■関連記事

書店で本棚倒れ女児重体

本棚は二段重ねで、高さ計約2・1メートルの木製。約80センチ間隔で置かれていた。3個が将棋倒しになり、姉妹は壁際の本棚との間に挟まれる形になったとみられる。当時、客は姉妹だけだった。

まさか本屋で…本棚倒れ、10歳女児重体

女子生徒は意識ははっきりしており、命に別条はない。男性従業員(19)にけがはなかった。東署が詳しい事故の状況を調べている。

本棚倒れた事故、まるで“本の海”

近所の洋品店女性(73)は「女の子の1人が自力で歩いて出てきた後、続いて別の女の子が担架で運び出された。ぐったりしていた」と興奮した様子で話していた。