ディズニーランド&シー、4年ぶりに入園者数減少という記事より。

オリエンタルランドは1日、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの2009年度上半期(4~9月)の入園者数が前年同期比5.7%減の1230万1000人となり、上半期ベースでは4年ぶりに減少に転じたと発表した。

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの2009年度上半期の入園者数が、上半期ベースで4年ぶりに減少に転じたとニュースになっています。

前年同期比5.7%減の約1,230万人だそうです。

不況の影響かと思いきや、記事によると25周年だった前年度の反動があるみたいですね。ちなみに過去最高を記録しています。

さらには、新型インフルエンザだったり、春先の悪天候が響いているということです。

入園者減は当初から織り込んでおり、09年度の入園見込み数2560万人は変更しない。

来園者は減少しているものの、それでも夏休みの終わりにディズニーシーに遊びに行った時には、全く空いているなんていう感じはしませんでした。当たり前ですけど。

ディズニーランドやシーが空いている穴場の日って、どんなタイミングなんでしょうねー。