田中美絵子氏 エジプトで身柄拘束の過去も…禁止のピラミッド登ったという記事より。

サプライズな過去が次々と暴露されている民主党の田中美絵子衆院議員(33)。今度は“逮捕歴”を告白していたことが判明した。短大在学中に旅行で訪れたエジプトで、ご法度のピラミッド登りに挑戦。あえなく現地当局に拘束されたという。

「ちょwwwピラミッド登って逮捕ってwww」と、きっと民主党関係者も笑うしかないんじゃないかと思うのですが、風俗ライター、映画でヌードに続いて、田中美絵子議員がエジプトで逮捕されていたことが明らかになりました。

ネタフルではこれまでに次のようなエントリーを書いています。

民主党・田中美絵子、風俗ライターの過去を認める
田中美絵子議員、乱歩映画でヌードになっていた

帝京女子短大(現・帝京大短大)在学中に、エジプトを単身旅行した際に逮捕されたそうです。

田中氏は登頂禁止となっているピラミッド(具体名は不明)の敷地内に侵入。頂上まで登ったものの、下りた地点で現地当局に見つかり、身柄を拘束された。関係者に対し田中氏本人が「夜中の3時ぐらいに隣のゴルフ場から侵入して、朝の御来光を見て、下りて来たら逮捕されました」と説明している。

自分で話したということで、次々に出てくる過去に、他に何かないか“事情聴取”を受けたのかもしれませんね。

「民主党の井上和香」みたいな呼ばれ方もしているみたいですが、けっこうおきゃんな感じの女性なのかもしれませんね。まだ何か出てきそうでワクワクドキドキしてしまいます。

「田中さん本人は、一刻も早く自らの口で経歴について明らかにしたい気持ちも持っているようです」という関係者の話も。

騒動とは関係なく、以前からほかの作品を含め、石井さんの映画を世に広めていこうと、再発売の動きがあります」ということで、田中美絵子議員がヌードを披露している「盲獣VS一寸法師」に再発の動きもあるみたいです。

盲獣VS一寸法師 [DVD]

B0002YD6HS

■関連記事

田中美絵子氏 民主の“身体検査”すり抜け

映画には「菊地美絵子」のクレジットがあるが、複数の関係者によると「菊地」は田中氏の離婚前の姓であることが判明。どうやら映画には本名で出演していたようだ。

美絵子先生の奔放過去 出会い系“裏”モデル、逮捕歴続々

サンケイスポーツによると、田中氏は2004年12月発売の「裏モノJAPAN」のメーン特集「携帯番号&メアドつき! その場で口説く出会いたガール30人」にトップバッターで登場。「椎葉恵美」と名乗り、「30歳OL 神奈川 1人暮らし」と紹介。茶髪のショートカット姿で笑顔を見せている。