ミクシィで上司批判、兵庫県警巡査長処分という記事より。

インターネットの会員制サイト「mixi(ミクシィ)」に仕事への不満や上司批判を書き込んだとして、兵庫県警が警察署に勤務する20代の女性巡査長を所属長訓戒処分にしていたことが2日、県警への取材で分かった。

ミクシィに仕事の不満などを書いたとして、兵庫県警に勤務する20代の女性巡査長が所属長訓戒処分になっていたことが明らかになりました。

どんなことを書いていたかというと‥‥

「制服を着たり(警察)手帳を持っているだけで偉いなんておかしい」「周りがみてるほど正義感があふれる仕事ではない」「ストレスに見合うだけの給料はもらえない」

といった不満を、2007年12月に書き込んでいたということです。警察官になってみたら想像と違っていた、ということなのでしょうか。

さらには‥‥

交通死亡事故で出動したことし5月には「なぜ4時間も立ち番をしなければならないのか」「死亡事故ぐらいでじたばたするな。理解に苦しむ」と、上司を批判する内容の書き込みをした。

といった内容も。

女性巡査長は処分当日に、依願退職したということです。「ストレス発散のためだった」と話していたのだとか。

なお、書き込みを知った同僚が、上司に相談して発覚したということです。

■関連記事

女性巡査長がミクシィで上司批判し処分

処分は7月31日付で、県警は処分理由を「信用失墜行為に当たる」と説明している。巡査長は「ストレス発散のためだった」と話し、処分当日に依願退職したという。

20代女性巡査長、ミクシィで上司批判…訓戒処分

巡査長は06年からミクシィを始め、最初は主に私生活について書いていたが、次第に仕事の不満などへ発展した。捜査情報などの書き込みはなかったという。