女子金メダリストが男?世界陸上で大チン事という記事より。

女子800メートルで18歳のキャスター・セメンヤ(南アフリカ)が今季世界最高の1分55秒45で初優勝した。しかし、ここで思わぬ騒動がボッ発。セメンヤのぶっちぎりの好タイムや少年のような外見に“男性疑惑”が出て、国際陸連が性別を医学的に調査する事態となった。

世界陸上女子800mで優勝した、南アフリカのキャスター・セメンヤに、あまりの強さから“男性疑惑”が浮上しています。

もちろん疑われるには理由があるのですが、逆三角形の体形、骨太でイカツイ顔立ちが少年のように見えるのだそうです。写真を見ると、確かに男と言われれば男のようにも見えますが、外見からは分からないですね。

今年になって彗星のごとく現れた新鋭に、国際陸連も医学的な調査を開始した。ただ、カノジョは子供のころから女の子として育っており、同陸連が南ア側に確認を要請したところ「セメンヤにその必要はない」と拒否されたという。

子どもの頃から女の子として育てられているかと、実際に女の子であるかどうかというのは別問題だと思いますが、かなりデリケートな問題である気もします。

「競技以上に彼女の人間としての問題になる。非常に繊細な問題であり、慎重に扱わねばならない」と国際陸連。