チュニジアの30代女性“十二つ子”妊娠という記事より。

チュニジア中部カフサ周辺の30代の女性が12人の赤ちゃんを妊娠したと、フランス公共ラジオが18日、現地からの報道として伝えた。報道では、無事に出産すれば世界最多記録になるとしている。

チュニジアの30代の女性が、12人の赤ちゃんを妊娠したと伝えられています。男の子と女の子が、それぞれ6人ずつだそうです。

それにしたって、一人お腹にいるだけでも大変なのに、12人とは。無事に産まれていることを祈るばかりです。

米ロサンゼルス郊外では今年1月、体外受精で八つ子の赤ちゃんが誕生。双子以上を妊娠する多胎妊娠は妊婦と胎児の健康に危険を及ぼすとして、医学会などで論議が起きた。

“十二つ子”も体外受精なのでしょうかね。「妻はとても幸せで、12人全員の元気な姿を見るのを待っている」と夫。

無事に出産すれば世界最多記録になるようです。

追記:「12人妊娠」女性、実は妊娠していなかったということが明らかになりました。

チュニジア中部カフサ周辺の30代の女性が12人の赤ちゃんを妊娠したと伝えられたことについて、チュニジア保健当局者は20日、女性は実際には妊娠していなかったと発表した。AP通信が伝えた。

「超音波検査をした結果、妊娠の事実はなかった」ということなのですが、もともと検査をせずに12人と言っていたということなのでしょうか‥‥。