スポンサードリンク

「空目」とは?「空耳」の造語ではない

スポンサードリンク

「空目」とは?

Twitterをはじめて初めて知った言葉に「空目(そらめ)」があります。

「○○を△△に空目した」みたいな使い方をするのですが、てっきり「空耳」に対する造語だと思っていたんですね。「空耳」は実在するけど「空目」はそれに起因するネットスラングなのではないかと思っていました。

しかし改めて調べてみると「空目」もちゃんと辞書に載っているではありませんか!

スポンサードリンク

「空目」とは何か?

ふと思い立って調べてみたら、なんと「空目」が辞書にあるじゃないですか!

完全に「空耳」の耳に対して目で「空目」としてつくられたネットの造語(ネットスラング)だとばかり思っていたので、けっこう驚きました。だって、人生で初めて知ったのですからね。

そらめ【空目】の意味 国語辞典 - goo辞書によると、次のように説明されています。

(1)見えないのに見たように思うこと。
(2)見て見ないふりをすること。
「―を使う」
(3)ひとみを上に向けること。うわめ。
「羽織を畳みながら一寸余の顔を―で見る/大内旅宿(虚子)」

よく使われる意味としては「見えないのに見たように思うこと」が多いでしょうか。むしろ(2)や(3)のような意味があるとは思いませんでした。

そして「空目」という言葉自体は古くからあるもののようです。

空目 - Wikipediaでは次のように説明されていました。

(1)そこに存在していないものを見たと認識してしまう事
(2)実際には見ているものを見ていないふりをする事
(3)顔全体でなく瞳だけを上に向けて見る事

一般的に知られている意味としては(1)だと思いますが(2)(3)のような用法もあるのですね。ただ(2)(3)の意味合いで「空目」が使われているのは見たことがありませんが。

ということで「空目」は「空耳」に対する造語ではない、というお話でした。Twitterでつぶやいたら知らない人も多かったので、ブログでメモしておきます。

「空目」しやすい言葉

「空目」しやすい言葉というものもあります。

パッと見て思わず空目してしまう言葉ランキングでは1〜5位は次のようになっていました。

1位 トレイ/トイレ
2位 おじや/おやじ
3位 ひつまぶし/ひまつぶし
4位 相模/相撲
5位 チクワ/チワワ

「相模」と「相撲」の空目はぼくも経験がありまして「相模中学」と書かれたジャージを見て「なぜ相撲中学なんだろう?」と思っていたことがありました。

「空目」のツイート

「空目」を使ったツイートには以下のようなものがあります。実際に「空目」をしたという体験談がツイートされたものですね。

「空目」をツイートするbotもありました。

ぴすたちお空目bot(@pistachio_s_bot)さん | Twitter

空目さんin知左木(@k_aznsa)さん | Twitter

空目・空耳ボット(@mishearing_bot)さん | Twitter

「空耳アワー」があるので、さながら「空目アワー」っていったところでしょうか(謎)。

※この記事を書いた2009年当時は「空目」は珍しい言葉のように感じていましたが、8年が経過した2017年には普通に使われるようになっています。

スポンサードリンク

前へ

板尾創路、1歳長女が急死

次へ

iPhoneアプリの翻訳・ローカライズを手伝ってくれる「DYS: Translations」