2009-08-19_0029.png

Twitterを始めて知った言葉に「空目(そらめ)」というのがあります。「○○を△△に空目した」みたいな使い方をするのですが、てっきり「空耳」に対する造語だと思っていたんですね。「空耳」は実在するけど「空目」はネットスラングなのではないかと思っていました。

「空目」とは何か?

そこで、ふと思い立って調べてみたら、なんと「空目」が辞書にあるじゃないですか!

完全に「空耳」の耳に対して目で「空目」というネットの造語(ネットスラング)だとばかり思っていたので、けっこう驚きました。だって、人生で初めて知ったのですからね。

そらめ【空目】の意味 国語辞典 - goo辞書によると、次のように説明されています。

(1)見えないのに見たように思うこと。
(2)見て見ないふりをすること。
「―を使う」
(3)ひとみを上に向けること。うわめ。
「羽織を畳みながら一寸余の顔を―で見る/大内旅宿(虚子)」

「空目」という言葉自体は古くからあるもののようです。

ということで「空目」は「空耳」に対する造語ではない、というお話でした。Twitterでつぶやいたら知らない人も多かったので、ブログでメモしておきます。

「空目」を使ったツイートには以下のようなものがあります。

「空目」をツイートするbotもありました。

ぴすたちお空目bot(@pistachio_s_bot)さん | Twitter

空目さんin知左木(@k_aznsa)さん | Twitter

空目・空耳ボット(@mishearing_bot)さん | Twitter

「空耳アワー」があるので、さながら「空目アワー」っていったところでしょうか(謎)。

※この記事を書いた2009年当時は「空目」は珍しい言葉のように感じていましたが、8年が経過した2017年には普通に使われるようになっています。