マウス胎児細胞から完全な歯を再生 東京理科大グループという記事より。

マウスの胎児から歯のもとになる細胞を取り出して培養し、痛みの感覚がある、ほぼ完全な歯に再生させることに東京理科大の辻孝教授(再生医工学)らのグループが成功した。

これはすごいですね。まだマウスですけど、痛みも感じる歯の再生に成功したそうです。

奥歯の位置に移植したところ、正しいかみ合わせの位置で成長が止まり、硬さは正常な歯と同じだった。刺激を与えるとマウスの延髄に、歯痛を感じた際にできるたんぱく質がたまることから、歯と脳の神経がつながっていることも確認された。

人の歯が再生できるようになれば、入れ歯とか必要なくなるかもしれませんし、何より自分の歯で食べられるという幸せはお年寄りにとって何よりでしょうね。

若くして歯を折ってしまった人にも、大きな希望となることでしょう。

再生医療の臨床で応用が進んでいるのは皮膚や角膜といった比較的単純な組織が多く、今回の確認によって、歯と同じように複雑で立体的な臓器の再生医療につながる可能性が示された。

肝臓や腎臓などの臓器の再生医療につながる成果として期待されるということなので、将来的には肝臓移植、腎臓移植なども自分の細胞から、という時代が来るのかもしれません。

むし歯ってみがけばとまるんだヨ―削って詰めるなんてもったいない! (単行本)

4816608028