2009年7月22日に日本で日食が観察することができます。奄美大島北部などでは皆既日食となるのですが、実に46年ぶりのことだそうです。

それ以外の地域でも、部分日蝕を観察することができます。太陽を見るというと、昔は黒い下敷きで見たものですが、紫外線を通すのであまりよろしくないみたいです。

そこで今年は、こんな風な(↓)太陽を観察するためのメガネが登場しています。1,500円とややお高めな気もしますが、安心して日食観察ができます。

日食の詳しい時間帯などは「2009年7月22日皆既日食の情報:国立天文台」を参考にしてください。

Amazon.co.jp 日食グラス SUN CATCHER-X

B0024NK0NI