埼玉県が観光振興へ楽天と連携協定という記事より。

埼玉県は3日、楽天と観光振興の連携協定を結び、県内の観光地などをめぐるスタンプラリーの参加者1万人に、ネットの通信販売サイト「楽天市場」で500円分の買い物ができるポイントを付与すると発表した。

埼玉県内の観光地を巡ると、先着1万人に楽天ポイントが付与されるというスタンプラリーが開催されます。

なんと、500ポイント!

ご、ごひゃく!?

鉄道博物館や草加せんべいの店など、ものづくりや産業にかかわる県内の89施設に、携帯電話で読み込むQRコードと、県のマスコット「コバトン」のイラストを設置。イラストは5種類あり、5種類すべての施設のコードを読み込んで応募する

イラストが5種類あり、訪れる施設によってはダブルこともあり、けっこう集めるのは大変だと思うんですよね。

そうなると、わざわざ500円分の500ポイントをもらうために施設を巡る人というのはほとんどいなくて、あまりスタンプラリーの効果もないような気がするのですが‥‥どうなんでしょ。

1万人に500ポイントといえば500万円じゃないですか。せめて100人に5万ポイントの方が話題性もあるし、盛り上がるような気がするんですけどね。難しいのかなー。