スポンサードリンク

「死海」"新・世界の七不思議"から脱落か

スポンサードリンク

<死海>新・世界の七不思議から脱落 パレスチナ問題余波でという記事より。

死海はヨルダン、イスラエル、同国占領下のヨルダン川西岸に面する。海抜マイナス約420メートルの「世界最低」の場所にあり、高い塩分濃度による浮遊体験で知られる。近年は水位の低下が著しく、環境保全の必要性が指摘されている。

スポンサードリンク

歴史的建築物や景観を後世に伝える「新・世界の七不思議」という企画で、有力候補と見られていた「死海」が脱落することになったようです。

「死海」というと塩分濃度が高く、身体が自然に浮くというのを、子供の時に何度も本で目にしたのを覚えています。

さて、その「死海」がどうして「新・世界の七不思議」から脱落したのか?

対象地をもつ国や地域が公式に支援・推進することが条件だが、パレスチナ自治政府がイスラエルの占領政策に反発して、応じないため

ヨルダンとイスラエルは後押しするものの、西岸にあるパレスチナ自治政府が連携を拒んでいるのだそうです。

「死海は「湖・河川・滝」グループの第7位につけている」ということですが、このまま選考に残るのは難しそうです。

古代の「世界の七不思議」にならい、自然や文化遺産の保護を訴えようとスイスの民間団体が企画。07年に第1回発表があり、万里の長城(中国)、タージ・マハル(インド)、マチュ・ピチュ(ペルー)など7カ所が選ばれた。日本から唯一最終候補に残っていた清水寺(京都市)は選ばれなかった。

どこが選ばれているのかと思って調べたら、ズバリ「世界の七不思議 - Wikipedia」がありました。

古典古代の七不思議

・ギザの大ピラミッド
・バビロンの空中庭園
・エフェソスのアルテミス神殿
・オリンピアのゼウス像
・ハリカルナッソスのマウソロス霊廟
・ロードス島の巨像
・アレクサンドリアの大灯台

中世の七不思議

・ローマのコロッセウム
・アレクサンドリアのカタコンベ
・万里の長城
・ストーンヘンジ
・ピサの斜塔
・南京の陶塔
・イスタンブールの聖ソフィア大聖堂

現代の世界の七不思議

・中国の万里の長城
・インドの廟堂タージ・マハル
・イタリア・ローマの古代競技場コロッセオ
・ヨルダンの古代都市遺跡群ペトラ
・ブラジル・リオ・デ・ジャネイロのコルコバードのキリスト像
・ペルーのインカ帝国遺跡マチュ・ピチュ
・メキシコのマヤ遺跡チチェン・イッツァ

「マチュ・ピチュ」ってのは、一度くらい行ってみたいですねぇ。

もともと「世界の七不思議」における「不思議」というのは「必見のもの」という意味だったようです。

図説 世界の七不思議 (大型本)

4487796873

スポンサードリンク

前へ

「Joost」コンシューマ向けサービスを打ち切り

次へ

東国原知事の年収は5,782万円(二大政党のトップ抜く)