hitomebo.jpg

ヒトメボレを記録するサービス「ヒトメボβ版」の利用者数が2万人、100万PVを突破。GPS送信件数は5万件に。というプレスリリースから。

4月にリリースされた、一目惚れしたのになにもできなかった・・・という人を支援するサービス「ヒトメボβ版」が順調にユーザーを伸ばしているという話。本日発売の「セブンティーン7月号」でも紹介されているようです。

「ヒトメボ」は、街やカフェや電車の中などで、突然一目惚れをしちゃったとき、携帯のGPS機能を使って、一目惚れした時間と場所や相手の特徴と服装を記録することができる、モバイルサービス。

もしも、同じ時間同じ場所で一目惚れが記録されると「もしかすると両思いかも?」という通知があります。とはいっても、同じ時間同じ場所にたくさんの人がいた場合、お互い別の人に一目惚れしてる可能性も大ですが・・・

hitomebo2.jpg

SNSのように、マイページの一般公開やコミュニティー機能があるわけではなく、メッセージの送受信もできません。

あくまでも、その場で振り返って「もしかして・・・」というのを楽しむサービス。自分の一目惚れ履歴を観覧して、思いにふけることも可能です。

今のところ、このサービスを使って両思いになりました、という報告は見られないようですが、そのうち「ヒトメボで出会って結婚しました。」なんて人が出てくるのでしょうか?

(トミモトリエ / hiniclip