1000円カット専門店の秀逸ビジネスモデルを解剖 5000円の美容院より儲かる理由という記事より。

都内で美容院を経営する業界関係者は1000円のヘアカット専門店をこう評価する。「客単価は一般の美容院の方が高いが、1000円カットの方がカット時間が短いし、洗髪やひげ剃りをしないのでコストが節約でき、利益が出やすい」。つまり採算性が高いのだ。

1,000円カット専門店が増えているのは感じますね。どこで感じるかというと、ショッピングモールに行くと、ほとんど入っているような気がします。家族連れで出かけた時に、ちょっとした時間で散髪できてしまうので便利です。

で、その1,000円カット専門店ですが、5,000円の美容院よりも儲かる場合がある、というお話です。

その秘密は、客単価は安いけれど、

・カット時間が短い
・洗髪やひげ剃りをしない

ということから、コストが節約できるのだそうです。

確かに考えてみれば、美容院に行けばカットからシャンプー、セットで1時間くらいで5,000円くらいでしょうか。床屋に行っても30〜40分で3,000円といった感じ?

それに対して、1,000円カットだと10分で1,000円でカットのみなので、確かに利益率は良さそうです。フルに働ければ時給6,000円も?

させに洗髪するスペースも必要ないですし、ほとんどの場合は人通りの多い場所に出店しているでしょうから、客の回転も良いでしょう。業界大手のキュービーハウスは390店舗あり、海外進出も果たしているそうです。

最近では女性客の来店も珍しくはなくなってきているが、それでもまだ少数だ。今後は若い男女などを対象にした1000円カット専門店が出てくれば、業界全体もさらなる成長を期待できそうだ。

女性向けの顔ぞり専門店とかどうなんでしょうね?