外国人が好きな日本観光地ランク…仰天の1位はアレという記事より。

長らくニッポンの象徴だった神社仏閣より、マグロの競りで活気あふれ、ついでにSushiも食べられる築地は大人気。ほかにも「スパワールド」や「大江戸温泉物語」が上位にランクインするなど、外国人が注目するニッポンの見どころは様変わりしている。

旅行クチコミサイト「トリップアドバイザー」が、外国人ユーザーのサイト利用動向、クチコミ投稿件数をもとに調査した日本の観光地の人気ランキングが発表されています。

それによれば、ランキングは以下の通りとなっています。

1位 築地市場
2位 東京ディスニーランド
3位 ポケモンセンター東京
4位 六本木ヒルズ
5位 東京ディスニーシー
6位 浅草寺/浅草観音堂
7位 金閣寺
8位 伏見稲荷大社
9位 スパワールド
10位 USJ

1位はなんと「築地市場」です。一時期、外国人観光客がマナーの問題から見学が禁止されていましたが、そんなに人気だったのですか。まさかそれほどとは思いませんでした。

意外に思ったのが3位の「ポケモンセンター東京」ですが、これはやっぱり子供に大人気ということなのでしょうね。ある意味では“聖地”でしょうか。

「どこの国でも市場は重要な観光資源。築地がトップなのはある意味、素直な結果だと思います。海外では歴史的な市場が近代的になって移転するという例はほとんどないので、観光の面からも築地の移転に関しては慎重になるべきでは」

こういう考え方もある訳ですね。