一茶の2句を新たに発見という記事より。

江戸時代の俳人小林一茶(1763―1827年)の、これまで知られていなかった俳句2句が記された「句日記」の一部が、11日までに新たに見つかった。

小林一茶の新しい句が、2句見つかったそうです。小林一茶は1827年に亡くなっているので、約200年ぶりに見つかったことになりますね。すごい。

出身地の長野県信濃町の町立一茶記念館に、句日記が張られた掛け軸が県内の骨董店から持ち込まれ、筆跡鑑定などで一茶自筆のものと判定した。

「句日記」が張られた掛け軸が骨董店から持ち込まれ、筆跡鑑定で真筆だと鑑定されたそうです。

見つかったのは次の2句です。

・菜の虫ハ化して飛けり朝の月
・羽根生へてな虫ハとぶぞ引がへる

物語のイメージを詠んだとみられるそうです。

句日記は2ページで、1ページは縦9センチ、横20センチ。1808年4月2日のものと推定される。

それにしても約2万句が明らかになっているそうで、大変な数ですね。

一茶俳句集 (岩波文庫) (文庫)

4003022319