ETC割引「0円」で高速乗り放題あったという記事より。

地方圏の高速道路料金が大幅割引となっていた先月29日、石川県内のインターチェンジ(IC)で自動料金収受システム(ETC)を利用して高速道路に入り、1度も一般道に降りずに周回走行、入った時と同じICから降りた利用者の通行料金を「0円」としたトラブルがあったことが2日、分かった。

既にシステムは回収されていると思いますが、石川県内の徳光スマートICから高速道に入り、今度は徳光ICで降りた利用者の通行料金が「0円」となっていたケースがあったということです。

乗ったところに戻ってきて降りるというのはどういうこと?

と思われる方もいるかと思いますが、こういうコースでした。

徳光スマートIC(同県白山市)から高速道に入り、北陸自動車道、名神高速、東海北陸自動車道を経由、再び北陸自動車道を走行したとみられる利用者が同じ徳光ICで降りた

つまり、いくつかの高速道路を経由して戻ってくることができる、という訳なのですね。

似たような話、クルマの慣らし運転をする時に遠回りしていく、というのも聞いたことがあります。

距離にして500kmだそうですが、恐らく利用した人も1,000円でドライブがてら、という気持ちだったのではないでしょうか。

「高速道路は目的地に早く着くために利用すると考えており、今回のケースは想定していなかった」と中日本高速道路。

検索してみると、

【高速道路】350円の旅【タダに近い】まとめ
On and Off な日々: 高速道路を安く利用する方法(笑)

というのがありました。やはりいろいろ考えている人たちがいるのですね。

■関連記事

0円で高速乗り放題?ETC休日割引トラブル

同社金沢支社は「高速道路は目的地に早く着くために利用すると考えおり、今回のケースは想定していなかった」としている。

「0円」で高速乗り放題?…ETCトラブル

高速道を周回走行して、IC出口のバーが開かないトラブルも数件あったという。

ええっ、0円で高速乗り放題? 休日割引でトラブル

このコースは約500キロで、割引のためこの日の料金は1000円だった。