朝日新聞社員が社内から2ちゃんねるに差別書き込みという記事より。

朝日新聞東京本社編集局の校閲センター員(49)が、社内のパソコンからネット掲示板「2ちゃんねる」に部落差別や精神疾患への差別を助長するような内容を書き込んでいたことが31日、同社の調査で分かった。

朝日新聞の社員が2ちゃんねるに差別的な発言を書き込み、朝日新聞全体がアクセス禁止になるという出来事がありました。

2ちゃんねるが朝日新聞をアクセス禁止にしたことを公表したのですが、企業が丸ごとアクセス禁止というのも珍しいですね。

同夜指摘があり社内調査したところ、センター員が「他の投稿者と応酬するうちにエスカレートしてしまった。悪いことをした」と、複数回書き込みしたことを31日に認めた。

「多くの皆さまに不快な思いをさせ、ご迷惑をお掛けしたことをおわびします」と朝日新聞広報部。

赤っ恥朝日新聞社員、2ちゃんで差別発言連発しアク禁でさらに詳細が。

これに対し朝日社員は≪東急的指導? 持ち家もない貧民のくせに≫≪首つって氏ねよ≫と応酬。最後は差別用語のオンパレードへと暴走していった。

業務時間中に2ちゃんねるに書き込みを続けていたようです。処分が検討されていると伝えられています。

痛いニュース(ノ∀`):朝日新聞社から「2ちゃんねる」へ荒らし行為…記事の書き込みに規制を読むと、朝日新聞のアクセス禁止で「ネトウヨwwwwwwwwwww」 というような発言が一気に減った、という人もいますね。

■関連記事

朝日社員が差別書き込み…ネット掲示板に、社内から

差別書き込みが相次いだため、3月30日夕方、2ちゃんねるが調べた結果、朝日新聞社内からの書き込みと特定。書き込みができないように措置を取ったことを公表した。

朝日新聞社員「2ちゃん」に差別書き込み

朝日新聞広報部は同社ホームページ上で「弊社社員が2ちゃんねるの掲示板にきわめて不適切な書き込みををし、多くの皆さまに不快な思いをさせ、ご迷惑をお掛けしたことをおわびします。事実関係をさらに確認した上で、厳正な処分をいたします」とのコメントを発表した。