萩原さん@SurveyML Reference Roomが、この季節になるとMLにポストするネタが「累積最高気温とサクラ開花との関係」です。

2009-03-09_1428.png

毎年、2月1日からの毎日の最高気温を積み上げて、累計が 600度を超えるとサクラが開花するという法則を実際に東京のデータで検証してみたもの。2001年~08年までの8年で、 6回は600度を越えた日と開花日がプラスマイナス1日以内のズレで収まっている。

「えー、そんなことあるの?」って思うのですが、実際に累計600度で開花しているので、何やら関係がありそうな気もします。

「暖かくなってきたな」と感じるのは気温ですし、桜もきっと、そのあたりを感じ取っているのでしょうね。毎年ほぼ600度というのは正確ですが、人間の腹時計だってそれなりに正確です。

この分でいくと、20日過ぎくらいが桜の開花予想となるでしょうか。ああ、もうそんな季節なんですね。

桜の雑学事典

桜の雑学事典