「都市一つ壊滅したかも」小惑星あわや激突…豪学者が観測という記事より。

3日未明、直径30〜50メートルの小惑星が地球の近くをかすめていたことが、オーストラリア国立大学の天文学者、ロバート・マクノート博士の観測で分かった。

直径30〜50mということで、驚くほどの大きさではないのですが、そんな小惑星が地球からわずか6万kmのところをかすめていたことが明らかになりました。

地元メディアによると、同博士は2月27日、200万キロ以上離れた宇宙空間に時速3万1000キロもの速度で地球に向かって来る未知の天体を発見し、軌道を計算したところ、太陽の周りを1年半かけて公転する小惑星だった。

3月3日に地球からの距離が6万kmと、最も近づいたということです。ちなみに月と地球の距離が38万キロなので、けっこう近いことが分かります。

「衝突していれば1都市が壊滅するところだった」と見つけた博士はコメントしていますが、意外に近くまでこないと、こうした小惑星というのは気づかないものなのでしょうか。

この小惑星の大きさは、1908年にロシア・シベリアに落ち、2000平方キロの森を焼き尽くしたものに匹敵したという。

森を焼き尽くすだけでなく、きっと地球規模での環境への影響というのも避けられないような気がしますね‥‥。

地球近傍小惑星 - Wikipediaという項目がありまして、

2008年10月7日には、2008 TC3が発見からわずか一日で大気圏に突入し、スーダン上空での爆発が人工衛星から確認された。

なんていう、ちょっと怖いような記述もありました。発見からわずか1日!