情報誌「千葉ウォーカー」次号で休刊という記事より。

千葉県の話題に特化した情報専門誌「千葉ウォーカー」(角川マーケティング、隔週発行)が、今月4月14日号(3月31日発売)を持って休刊することが明らかになった。

角川の隔週刊情報誌「千葉ウォーカー」の休刊が明らかになりました。ウォーカー系としては「神戸ウォーカー」に続く2冊目の休刊となるそうです(2008年5月休刊)。

情報誌というのは一冊にまとまっていて便利という反面、ネットでも探せてしまう、ということもあるので、特に地域限定になると部数的に厳しくなるのかもしれませんね。

もちろん、不況のあおりを受けて広告出稿というのもきっと減少しているのでしょう。

さらにフリーペーパー「ぱど」も、一部地域で週刊だった発行を隔週刊に変更することを発表しています。

隔週に変更される地域は、横浜南部、西部、北東版に、埼玉中央版の一部、埼玉南版の一部。5月発行分より変更する予定。

こちらの事情も「ネットの普及により、即時性が求められる情報はWEBやモバイルへの移行が進んだため」ということです。