メロンパン移動販売 元Jリーガー側に支払い命令という記事より。

元Jリーガー山田隆裕さん(36)が代表を務めるメロンパン移動販売業「東北フーズショップ企業組合」(仙台市)と契約し、移動販売をしていた男性らが「パン生地の質が落ちて損をした」として、加盟金返還や損害賠償など約1300万円の支払いを組合に求めた訴訟の判決で、仙台地裁は26日、計約360万円の支払いを命じた。

横浜マリノスやベガルタ仙台などでプレイした山田隆裕が、仙台でメロンパンの移動販売業を企業していたのはテレビで見て知っていたのですが、その後「パン生地の質が落ちて損をした」として訴訟を起こされていたようです。

「手作り生地から機械生産への変更は事前に説明していたし品質は変わらない。売れないのは流行や競合他社の進出などの事情もある」と組合側では主張していましたが、訴えが認められる形となりました。

メロンパンの移動販売というのは時々目にするのですが「1日700―1000個売れる」と組合では言っていたそうです。

■関連記事

メロンパン質低下…元代表山田隆裕氏敗訴

判決などによると、男性5人は組合と賛助会員契約を締結。50万円の加盟金を支払うなどし、500万円台で移動販売車も購入。

元Jリーガー山田さん側が敗訴…メロンパン移動販売で判決

組合から「1日700―1000個売れる」と言われたが、売り上げは伸びず、2005年に販売をやめるなどした。