44年ぶり変更!「きょうの料理」材料4人分→2人分という記事より。

NHKは18日、今春から「きょうの料理」で使う材料の目安の表示を、4人分から2人分に変更すると発表した。一世帯の構成人数が減少していることなどが理由で、変更は四十四年ぶり。

NHKの料理番組「きょうの料理」の材料の目安が、44年ぶりに変更になりました。一世帯あたりの構成人数が減少していることから、4人分から2人分になるそうです。

ちなみに、1957年のスタート当時は、5人分の材料だったそうです。それが核家族化の進行に伴い、1965年に4人分に。そして2009年に2人分に、ということだそうです。

今回の変更についてNHKは、2005年の国勢調査で世帯当たりの人数が約2・6人になり、今後も減少傾向が続くと想定されることや、番組のテキスト本の読者アンケートで「2人分」への要望が多いことから決めたと説明。

もちろん世帯構成人数も減っているのでしょうが「きょうの料理」の視聴者層が、高齢化している、ということもあるのでしょうね。

今は料理のレシピや作り方を調べるのも、ネットで簡単ですしね。

NHK きょうの料理 2009年 02月号 [雑誌]

NHK きょうの料理 2009年 02月号 [雑誌]

NHK きょうの料理ビギナーズ 2009年 02月号 [雑誌]

NHK きょうの料理ビギナーズ 2009年 02月号 [雑誌]

■関連記事

「きょうの料理」の材料表示、4人分を2人分へ

NHKは18日、今春から「きょうの料理」で使う材料の目安の表示を、4人分から2人分に変更すると発表した。1世帯の構成人数が減少していることなどが理由で、変更は44年ぶり。