賞金1億円!ソフトバンクがお笑いバトルという記事より。

携帯電話のソフトバンクがチャンピオン賞金1億円のお笑いバトル「S-1バトル」を始める。29日、都内で行った新機種発表会で発表した。

ソフトバンクが、携帯電話の利用者が審査員となる「S-1バトル」というお笑いバトルを開始することを発表しています。

ソフトバンクの利用者に毎日、メールで二組の芸人のネタ動画が送られてきて、投票で月間チャンピオンを決め、1年後に12組が決勝大会に進むという仕組みだそうです。

月間チャンピオンの賞金は1,000万円、年間チャンピオンの賞金は1億円で、総額2億2,000万円というビッグなお笑いバトルです。投票者にも抽選で1,000万円だそうです。

品川庄司、ナベアツ、エド・はるみ…“ケータイ芸人”勢ぞろい!ソフトバンクモバイル2009年春商戦モデル“お笑い”発表会という記事に発表会の様子がありました。

「これまでケータイは使い方やテクノロジーの進化を追及してきたが、昨年私は『2008年はケータイのインターネットマシン化元年』と述べた。今年はそれがどのように進化していくのかを示し、インターネットマシン化したケータイでのこれまでにない全く新しい楽しみ方を示したい。これからケータイはコンテンツ勝負の時代に変わっていく」

孫社長は↑のように語ったそうです。その上での「S-1バトル」ということですね。本当にいろいろな球を投げるよなぁ。

そして、芸人たちが新機種を紹介しています。って、すごい。

「S-1バトル」に関してはココに。

吉本興業などに所属するお笑い芸人が3分間以内のオリジナルのお笑い映像作品を投稿しそれをソフトバンクモバイルのユーザーが投票、チャンピオンが選出される。

最初の記事ではメールで送られてくるようなニュアンスだったのですけど、実際にはどこかに見にいくのかもしれませんね。

いずれにせよ、毎日二組見てたらどんなパケット量になるのか‥‥ということで、多くの人がパケット定額サービスに加入するんですね、分かります。